弁理士として地方で働く


弁理士資格は現在、地方で需要が高まっています。
実際に働いている弁理士の数が多い地域は、首都圏になっていますが、これからは地方でも弁理士の活躍がこれまで以上に期待されているのです。
知的財産を活かせる企業展開をしていこうという働きが強まっているからです。
地方で活躍する弁理士の数は少ないのが現状ですが、弁理士としてやっていこうという人ならば、資格の取得を前向きに検討してみましょう。